JA共済 対応

JA共済の対応って良いのか悪いのか?

JA共済の対応はどのようになっているのでしょうか。

 

新規で自動車保険を契約しようと考えている方やJA共済に加入していて更新手続きを進めてみようと考えている方も実際に事故が起きた場合の対応が気になりますよね。

 

JA共済に加入している場合で万が一事故が起きてしまった場合は被保険者から事故の受付を最初に行います。

 

JA共済の事故受付は主に2通りあり、直接契約先のJAに連絡をとる方法と24時間365日受付を行っているJA共済サポートセンター連絡をとることで、レッカーサービスやロードサービスを行っています。

 

同時にJA共済事故受付センターに連絡がいき事故現場に急行し事故状況の聞き取りを行い、相談対応や相手方への修理工場への連絡等を行う対応をとっています。

 

またJA共済では休日事故受付を行った場合は、休日面談スタッフがお客様を訪問し事故に関する質問や相談に親身になって対応してくれますので、事故でパニックになりがちな状態でも安心感を持たせてくれます。

 

ロードサービスはバッテリーあがりやキーとじ込み、ガス欠時のガソリン補充なども行ってくれます。

 

レッカーサービスも通常であれば5万円ほどはかかってしまいますので、こういったサービス対応があると嬉しいですよね。

 

このことからJA共済の対応は様々なサービスがオプション化されている損保会社が増えている中でも全体的にバランスがとれていてよい対応をとってもらえるといっていいでしょう。




現在、私が発行するメルマガで自動車保険に関する最新情報をお届けしています。

いちいち調べなくても、自動車保険に関する最新情報があなたの持っている端末に届きます。

もちろん無料なので気軽にご登録ください。
*メールアドレス




携帯・スマホの方は「info@jidoshahoken-mitsumori.com」に空メールをお送りいただければ代理で登録を行います。