自動車保険 24歳

24歳での自動車保険のポイントとは?

24歳で、すでに自動車保険に加入している人は少なくありません。

 

とはいえ、その費用は決して安くないのも現実です。

 

では、どうして若年層の自動車保険が驚くほど高いのでしょうか?

 

それは、やはり事故率が高いからです。

 

統計によると、事故を起こす確率が圧倒的に高いのは、16〜24歳の若者のようです。

 

とはいっても、その費用をできるだけ安くしたいと誰もが感じていますよね。

 

24歳で自動車保険に加入する場合、どうすれば費用を安く抑えられるのでしょうか?

 

まずは、自動車保険の「運転者年齢条件」についてです。

 

24歳の方であれば、基本的に「21歳未満不担保」というプランに加入しておられるかたがほとんどかと思います。

 

ですが、損保ジャパンでは「24歳未満不担保」というさらに補償範囲を限定したプランが用意されているようです。

 

また、ニッセイ同和では、20〜35歳まで各年齢によって保険料が異なるプランも準備しているようです。

 

24歳の方であれば、上記のプランがある保険会社に見積もりを出してみると、もしかするとかなり費用を安く抑えることができるかもしれません。

 

24歳の方で自動車保険への加入をお考えの方は、以上のことをよく考慮されて会社を選ばれると良いでしょう。

 

意外とマイナーな会社にびっくりなプランがあるかもしれませんよ。

保険料の相場を比較する方法と私の見積もり例

 

まずは「スバット自動車保険比較」にアクセスしましょう。

 

アクセスすると、

 

 

という画面になると思いますので、車のメーカーを選んで見積もりスタートをクリックしましょう。

 

 

 

 

車名を選び、現在の保険証を見ながら初度登録年月を入力しましょう。入力したら次に進みます。

 

 

 

 

続いてナンバーと使用状況を入力します。

 

 

 

 

次に保険に加入している人は現在の保険情報を入力します。
これは保険証を見ながらやれば簡単入力できると思います。
入力したら次に進みます。

 

 

 

 

次に契約者の情報を入力しましょう。
これは保険証に名前が書いてある人になります。
入力したら次に進みます。

 

 

 

 

次に所有者と被保険者の情報を入力します。
所有者情報は車検証を見ながら入力しましょう。
入力したら次に進みます。

 

 

 

 

次に保険の補償内容を入力します。
希望の補償内容になるように入力していきましょう。

 

 

 

 

入力が終わったら見積もりがとれる会社と入力内容の確認画面が表示されます。
私の条件ではSBI損保、ソニー損保、アメリカンホームダイレクト、チューリッヒ、アクサダイレクト、そんぽ24が見積もり可能なようです。
入力内容に間違いないようでしたら見積もりを依頼するをクリックしましょう。

 

 

 

 

すると受付完了の画面になりますので、登録したアドレスに届いているメールを確認しましょう。

 

 

 

 

各保険会社からメールがきていると思いますが、赤枠で示した保険スクエアbang!のメールをチェックします。

 

 

 

 

赤枠で囲った「試算結果はこちらをクリック」をクリックしましょう。

 

 

 

 

するとこのように保険料と補償内容が確認できます。

 

この中に無い物は個別のメールをチェックしましょう。

 

私の条件ではSBI損保が1番安い保険会社でした。

 

見積もりを取っただけで58470円の保険料が24910円にすることができたのです。

 

インズウェブと結果が違うのはおそらく走行距離を短くしてしまっため、少し安くなったのだと思います。

 

このように簡単に保険料を比較して、相場を知ることで安い保険料を見つけることができるので、まだ見積もりを取ったことがない人は1度見積もりを取ってみて保険料がどれくらいになるのかを把握しておきましょう。

 




現在、私が発行するメルマガで自動車保険に関する最新情報をお届けしています。

いちいち調べなくても、自動車保険に関する最新情報があなたの持っている端末に届きます。

もちろん無料なので気軽にご登録ください。
*メールアドレス




携帯・スマホの方は「info@jidoshahoken-mitsumori.com」に空メールをお送りいただければ代理で登録を行います。