自動車保険 36歳

36歳での自動車保険のポイントとは?

36歳で自動車保険への加入をお考えですか?

 

36歳といえば、すでに家庭があり、子どもの教育費などのために出費を抑えたい時期かもしれません。

 

それで、誰もが自動車保険における出費を抑えたいと思っています。

 

では、36歳で自動車保険に加入する際に、どんなプランや割引を活用するとよいのでしょうか?

 

 

 

自動車保険の「運転者年齢条件」については、36歳ほとんどの方が「35歳未満不担保」プランに加入しておられるはずです。

 

しかし、それに加えて最近では各保険会社がニーズに合わせた新たな割引制度を設定しています。

 

 

 

例えば、多くの会社は、運転者を本人や夫婦、または家族に限定することで割引するプランを用意しています。

 

また、ゴールド免許取得者に対する割引制度も多くの会社が実施しています。

 

セコム損保や日新火災では、家族が全員ゴールドカードであれば最大15%の割引があります。

 

さらに、普段自動車をあまり利用されない方であれば、ソニー損保が走行距離に応じた料金設定していますから、もしかるすると保険料がお得になるかもしれません。

 

 

 

36歳で自動車保険へ加入される方は、上記のようにお得な割引制度を準備している会社に見積もりを出してみてはいかがでしょうか?

保険料の相場を比較する方法と私の見積もり例

 

まずは「スバット自動車保険比較」にアクセスしましょう。

 

アクセスすると、

 

 

という画面になると思いますので、車のメーカーを選んで見積もりスタートをクリックしましょう。

 

 

 

 

車名を選び、現在の保険証を見ながら初度登録年月を入力しましょう。入力したら次に進みます。

 

 

 

 

続いてナンバーと使用状況を入力します。

 

 

 

 

次に保険に加入している人は現在の保険情報を入力します。
これは保険証を見ながらやれば簡単入力できると思います。
入力したら次に進みます。

 

 

 

 

次に契約者の情報を入力しましょう。
これは保険証に名前が書いてある人になります。
入力したら次に進みます。

 

 

 

 

次に所有者と被保険者の情報を入力します。
所有者情報は車検証を見ながら入力しましょう。
入力したら次に進みます。

 

 

 

 

次に保険の補償内容を入力します。
希望の補償内容になるように入力していきましょう。

 

 

 

 

入力が終わったら見積もりがとれる会社と入力内容の確認画面が表示されます。
私の条件ではSBI損保、ソニー損保、アメリカンホームダイレクト、チューリッヒ、アクサダイレクト、そんぽ24が見積もり可能なようです。
入力内容に間違いないようでしたら見積もりを依頼するをクリックしましょう。

 

 

 

 

すると受付完了の画面になりますので、登録したアドレスに届いているメールを確認しましょう。

 

 

 

 

各保険会社からメールがきていると思いますが、赤枠で示した保険スクエアbang!のメールをチェックします。

 

 

 

 

赤枠で囲った「試算結果はこちらをクリック」をクリックしましょう。

 

 

 

 

するとこのように保険料と補償内容が確認できます。

 

この中に無い物は個別のメールをチェックしましょう。

 

私の条件ではSBI損保が1番安い保険会社でした。

 

見積もりを取っただけで58470円の保険料が24910円にすることができたのです。

 

インズウェブと結果が違うのはおそらく走行距離を短くしてしまっため、少し安くなったのだと思います。

 

このように簡単に保険料を比較して、相場を知ることで安い保険料を見つけることができるので、まだ見積もりを取ったことがない人は1度見積もりを取ってみて保険料がどれくらいになるのかを把握しておきましょう。

 




現在、私が発行するメルマガで自動車保険に関する最新情報をお届けしています。

いちいち調べなくても、自動車保険に関する最新情報があなたの持っている端末に届きます。

もちろん無料なので気軽にご登録ください。
*メールアドレス




携帯・スマホの方は「info@jidoshahoken-mitsumori.com」に空メールをお送りいただければ代理で登録を行います。